【呪術廻戦】虎杖の祖父おじいちゃん声優は千葉繁!倭助に仕掛けられた名前伏線を検証

管理人アース

「虎杖倭助って誰?」「虎杖のおじいちゃんに伏線なんかあったの?」な人はぜひ(*^^*)

1話に登場した主人公虎杖悠仁の祖父である虎杖倭助(いたどりわすけ)。

虎杖の唯一の肉親であったおじいちゃんですが、1話に登場しすぐに死亡してしまいました。

そんな祖父倭助ですが、後の虎杖悠仁の生き様を決める「人を助けろ」「大勢に囲まれて死ね」を言い残し去りました。

まさに虎杖の生き方を決定付ける重要なポジションを担っていた倭助でしたが、役割はそれだけではありません。

まだ、伏線が残っているのです。

それはいったい何なのか?

まさかの名前に秘密が!?

虎杖倭助を、順番に見て行きましょう!

17巻までのネタバレが登場します。

未読の方はご注意ください。

目次

【呪術廻戦】虎杖の祖父おじいちゃん倭助(いたどりわすけ)とは

「呪術廻戦」1巻より
項目内容
名前虎杖倭助(いたどりわすけ)
死因喫煙による肺がん。呪術とは関係ない
ポジション虎杖悠仁の唯一の肉親だった。虎杖悠仁の生き様を決定付ける。

1話に登場し死亡退場した、虎杖祖父の虎杖倭助。

その死因はファンブックにて肺がんであり「死亡は呪術とは関係ない」と、作者芥見先生より明らかとなっています。

ただ虎杖の「人を助ける」「大勢に囲まれて死ぬ」という生き様を決定付けさせているところから、非常に重要な役割を担っていたのが分かります。

さらにこの時にはスルーしてしまいそうですが、「虎杖悠仁の両親」について話そうとしていたのは、完全に伏線ですよね!

これについては143話にて、虎杖の父「虎杖仁」と母親の登場で回収されます。

ここで倭助が虎杖母の正体が羂索だと気付いており、息子仁に「死ぬぞ」と忠告しています。

「呪術廻戦」143話より

虎杖の父親である仁が死亡したのかは確定していませんが、羂索の正体を知っていて倭助が生き残っているのは不思議ですよね。

虎杖を育てるために生き残らせたのか…

この辺りは謎となっており、もしかしたら何かしらの伏線かもしれません。

【呪術廻戦】虎杖の祖父の声優は千葉繁さん

漏瑚役も担当している千葉繁さんですが、初回のみ虎杖倭助役も担当されていました。

短いシーンでしたが、そこにも千葉繁さんの存在感は光っていました!

やっぱりスゴい声優さんですよね。

千葉さんについては、漏瑚のプロフィール記事にて触れています。

あわせて読みたい
【呪術廻戦】漏瑚(じょうご)死亡に仕掛けられた伏線を検証!声優からじゅじゅさんぽ名シーンも紹介解説 …何だ…これは(涙) 呪術廻戦史上最強のかませ犬キャラ「漏瑚」(笑) ナナミンや直毘人を一瞬で葬り去る漏瑚は、特級呪霊の中でもかなり強いキャラだったと言えるでし...

【呪術廻戦】虎杖の祖父おじいちゃんに仕掛けられた伏線とは

先にも取り上げていますが、虎杖祖父である倭助が虎杖悠仁の母親が「人ではない」と気付いていました。

「母親の正体が羂索」「悠仁は宿儺の器」など、どこまで察していたかは分かりませんが、現在まで虎杖の父親が登場していない理由にも繋がる伏線でしょう。

倭助が正体を知っていたのは間違いなく、この後の展開が描かれるであろう虎杖出生エピソードで回収される伏線です。

そして気になるのが、「倭助」という名前です。

「倭」には「委(ゆだ)ね従う」という意味があります。

虎杖に「委ねた(ゆだねた)」という意味でしょうか?

そして「倭国」となると、日本」という意味にもなります。

倭というと、こちらを先にイメージしますよね!

となると、倭助は「日本を助ける」という意味になりそうです。

「虎杖に委ね従い、日本を助ける」という意味になりそうな倭助という名前。

「虎杖が最終的に日本を助ける」という意味を持っている事になりませんか?

となったら、もの凄い伏線ですよね!

羂索が絡んだ虎杖出生エピソードも気になりますが、名前伏線も気になりますよ。

他のキャラクターはファンブックで名前の由来に触れられているのに、倭助が載っていない事が逆に当たっているような気がしますよ(笑)

倭助に仕掛けられた伏線、以下の通りと考察できます。

  • 羂索が絡んだ虎杖出生エピソード
  • 名前から虎杖が日本を助ける

アースの予想が、当たるのか?

最終話まで、要チェックですよ!\(^o^)/

あわせて読みたい
虎杖悠仁の正体は?天与呪縛・加茂の受胎九相図から脹相の弟かを考察【呪術廻戦】 呪術廻戦の主人公である虎杖悠仁。 普通の高校生っぽい彼ですが、異常な身体能力と宿儺の器という能力を持っています。 1巻では封じ込められる宿儺に「何者だ!?」と示...
あわせて読みたい
【呪術廻戦】漏瑚(じょうご)死亡に仕掛けられた伏線を検証!声優からじゅじゅさんぽ名シーンも紹介解説 …何だ…これは(涙) 呪術廻戦史上最強のかませ犬キャラ「漏瑚」(笑) ナナミンや直毘人を一瞬で葬り去る漏瑚は、特級呪霊の中でもかなり強いキャラだったと言えるでし...
あわせて読みたい
【呪術廻戦】現在まで未回収伏線と未解明の謎まとめ【随時更新】 さりげない伏線からトンデモない伏線まで散りばめられているのが面白い呪術廻戦。 この記事を読むことで呪術廻戦の面白さが2倍にも3倍にもなるに違いありません! 呪術...
あわせて読みたい
呪術廻戦ネタバレ考察|全ストーリーのあらすじと重要伏線まとめ【最初から時系列も解説】 最新話152話を更新しました! 今一番アツいと言っても過言ではない「呪術廻戦」。 漫画もアニメも大人気のこの作品を盛り上げるべく、呪術廻戦の面白さを引き出す考察や...

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 「悠仁が日本を救う」とのアース団長の考察に思わず「いい(宿儺か!)」と、親指立てて同意した普通の東洋人。です。
    渋谷事変で亡くなった人々に対して罪悪感と心痛を抱え、でも戦って前に進もうとする姿が、痛々しくも頼もしくも感じられます。
    彼なら、奪われたよりも多くの人命を救う以外に、自分を納得させる事は出来ないだろうから、日本を救って、同時に悠仁自身も救われてほしい。
    単行本派なので、16巻より先の詳細は断片的にしかわかりませんが、悠仁の母親らしき額に縫い目の女性。
    彼女が実は件の「香織」さんではないかという考察もファンの間であるみたいですね。
    悠仁をお腹に宿していながら、不慮の事故で亡くなった香織さんの体を、悠仁パパの同意を得て拝借し、悠仁を無事出産。
    でも倭助さんは別人であることに気がついていて…という感じでしょうか。
    何しろ原作が、読み手の考察や妄想を遥かに凌いで、何でもアリの様相を呈してますから。
    何があってもおかしくない
    ただ、宿儺の器という暗く深い「はかりごと」などからは、悠仁は全く無縁の存在で、普通に望まれてこの世に生を受けた子で、悠仁ママは「尻と身長のデカい女性」だったりして、という、完全な個人的希望も捨てきれませんで(笑)
    最終的に倭助さんがご両親の話よりも、悠仁への言葉を選んだのはなぜなのか。
    告げにくい事実があるからか。
    虎杖悠仁のアイデンティティーに、出自などは不必要だからか。
    進撃の余韻に浸ってアニメまでの日々を緩やかに過ごそうと思っていた目論見が、アース団長の『呪い』により早くも大きく外れております…。

    • >日本を救って、同時に悠仁自身も救われてほしい。
      これ、本当にそう感じますよ(泣)
      虎杖に救われて欲しい(;´Д`)

      >悠仁をお腹に宿していながら、不慮の事故で亡くなった香織さんの体を、悠仁パパの同意を得て拝借し、悠仁を無事出産。
      アースもこの展開な気がしますね。
      偽夏油は死体を乗っ取る術式ですので死亡した瞬間に乗っ取ったのでしょう。
      ただ虎杖の「宿儺の器」としての素質は偽夏油がそのように「胎内で育てた」のでしょうから、妊娠してすぐに乗っ取ったように感じます。
      この辺りもまた考察したいです(^^)

      >虎杖悠仁のアイデンティティーに、出自などは不必要だからか。
      そんな結論になって欲しいですね。
      進撃のエレンのように(^o^)
      またよろしくです!

      管理人アース

コメントする

目次
閉じる