【呪術廻戦】アニメネタバレ10話「無為転変」あらすじ感想考察!「じゅじゅさんぽ」がヤバい

アース
12月5日に放送されたアニメ呪術廻戦第10話の内容です!

終盤に入ってきたアニメ呪術廻戦1クール目。

2クール放送ということなので、1期としては中盤と言えるでしょう。

しかし前半の終盤であり、最も盛り上がる話へと進んできている事は間違いありません。

真人と七海のバトル。

さらに、虎杖と順平の関係。

まさに1期の最高な見どころとなるエピソードが始まったと言えるでしょう!

むっちゃ楽しみなところですよね!

しかし、今回最も盛り上がったのはありませんでした。

え?

「じゅじゅさんぽ」が?(笑)

トレンド1位になってる?(・_・;)

見て行きましょう!

呪術廻戦アニメが配信中!

U-NEXTで呪術廻戦の最新話がほぼリアルタイムで配信されています!

TV放送後に視聴することができるので、リアルタイムを見逃した人もすぐに最新話をフルで観ることができます!

今だけの1ヶ月無料キャンペーンもあり。

U-NEXTで呪術を視聴

目次

◆アニメ10話「無為転変」あらすじ!

順平と不良たち

順平の学校生活から始まります。

同級生と映画研究会で楽しくクラブ活動をしている順平。

しかしそこに3人の不良が登場し、順平に暴力を振るいます。

3人の不良が順平をイジメだすキッカケとなる、アニメオリジナルエピソードから始まっています。

順平と真人

地下水道での、真人と順平の会話場面へと移ります。

「好きの反対は無関心か嫌いか」について話をする順平。

「心は魂の代謝であり存在しない」と語る真人。

順平の全てを肯定する、と真人が順平に向け話します。

順平が真人に心を許す、原作通りのエピソードとなっていました。

虎杖と順平

七海と別れた後の、順平に近付く虎杖と伊地知。

原作通り、訪問してきた担任に嫌な思いをしていた順平を虎杖が助けます。

初対面でありながら担任が嫌いだと見抜いた虎杖に興味を持った順平。

虎杖に付いて行く展開となります。

順平が虎杖に心を許すキッカケとなる、原作通りのエピソードとなっていました。

七海と真人

真人の居場所を突き止め、祓いに来た七海。

魂に触れ人の形を変える術式「無為転変」を使う呪霊 真人との戦いが始まります。

形を変え小さくしてストックしている人間を使い攻撃をする真人。

さらに自分の肉体も変える事ができる真人に、七海は苦戦します。

体に触れられ重傷を負った七海。

しかし「時間外労働モード」となり反撃を開始する描写となり、終わります。

真人と七海の戦いが原作通りに描かれたエピソードとなっていました。

◆原作対応回は?

原作21話、22話となっています。

タイトルは今回明らかとなった真人の術式からです。

◆じゅじゅさんぽ

釘崎が失くなった制服を探す話となっています。

巨体パンダが無理やり着ているのを発見し、キレる釘崎。

さらに狗巻棘先輩が、スカートを着て登場します。

キレて棘からスカートを脱がす釘崎。

この絵面は怖いです(笑)

ところが、二人が着ていた制服が禪院真希先輩の物であることに気付きます。

釘崎の制服を着てふざけて登場する五条(笑)

探していた釘崎の制服は五条が着ていた、と分かり終わります。

本編では絶対に登場しないと思われる、色々と問題のあるエピソード(笑)

今回も素晴らしい散歩でした(笑)

◆アニメ10話感想と改変を考察!

オリジナルエピソードから始まった10話。

順平が抱えている闇の深さを深堀りする、素晴らしい演出となっていました。

この状態から真人に「全てを肯定」されたら、心を許してしまいますよね!

素晴らしいオリジナルだなぁ、と感じましたよ。

そして原作通りに展開した、七海と真人のバトル。

二人の会話も楽しめながら、魅入っていました。

画では、真人に変えられ武器として使われた人間が「タスケテ」と流す涙を七海が拭うシーンが印象的でした。

拭う時に動く肌から、人間の肌と同じ質感であることが分かり、拭う七海の優しさが原作以上に感じられるシーンでした。

原作だとどうしても固いように感じられたので、アニメならではの表現であり、印象に残りましたよ。

さらに今回一番キレていたのは「じゅじゅさんぽ」でしたね!(笑)

この記事を書いている現在、「じゅじゅさんぽ」がトレンド1位となっていますし、「教え子のスカート」とかも入っています。

もちろん「呪術廻戦」や「時間外労働」という本編ワードも入っていますが、1位で「じゅじゅさんぽ」というのはそれだけ破壊力のある一分間だったという事でしょう。

いや、内容もけっこうギリギリを攻めていたと思われますが、それだけに凄まじい破壊力でした(笑)

釘崎もやばかったですが、やはり狗巻棘先輩と五条先生が面白すぎましたね(笑)

アニメ本編部分よりも攻めていた「じゅじゅさんぽ」でした(笑)

さて、次回七海と真人のバトルが終わるでしょう。

同時に順平と虎杖の関係も深まる回だと考えられます。

個人的に気になっているのは、順平の母親ですね。

この場面を深く描く事により、その後の展開の意味も深まって来ると思うので。

小さいながらも改変が入ってくるかも、なんてイメージしています。

さてさて、どのような11話となるのか?

決着が付く七海と真人のバトルと共に、要注目ですよ!\(^o^)/

呪術廻戦ネタバレ考察【アース】
【呪術廻戦】アニメネタバレ11話あらすじ感想考察!伊地知さんにじゅじゅさんぽはウソ予告 | 呪術廻戦ネタ... アース12月12日に放送されたアニメ呪術廻戦第11話の内容です! アニメ第11話「固陋蠢愚(ころうしゅんぐ)」。 このタイトルは原作3巻25話に使われているタイトルであり、...

\期間限定キャンペーン中/

今すぐ呪術アニメを視聴

↑タップで公式サイトへ↑

あわせて読みたい
429 Too Many Requests

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • >じゅじゅさんぽ 攻めてましたね釘崎ちゃんに殴られるの前提
    まさに(笑)
    次回からのじゅじゅさんぽがどのような方向に行くのか、気になっています(・_・;)

    管理人アース

コメントする

目次
閉じる