呪術廻戦ネタバレ147話「パンダだって」あらすじ感想考察!夜蛾学長死亡で過去が明らかに

アース
4月26日発売ジャンプ掲載の呪術廻戦147話のあらすじ内容と考察です!

147話「パンダだって」は、呪術高専学長 夜蛾正道(やがまさみち)の話となっていました。

ここ最近「死滅回游」の話が時系列ごとに進んでいたのですが、いきなりの過去回想展開に。

これには誰もが驚いたでしょう!

さらに驚くべきは、その過去回想の内容でした。

突然変異呪骸であるパンダとは、どのような存在だったのか?

「突然変異では無かった!」

さらに、今回で夜蛾正道が死亡!

そこでパンダがとった行動とは?

怒涛の展開を見せる147話の内容を、見て行きましょう!

目次

前回までのあらすじ【呪術廻戦146話】

ニセ夏油こと羂索のゲーム「死滅回游」に参加することを決めた虎杖、伏黒、乙骨。

虎杖と伏黒は、呪術高専3年の秤を駆り出すため会いに行きます。

乙骨は「死滅回游」に参加。

禪院真希は獲物をゲットするために、ハンガーラックおじさんこと組屋鞣造のアトリエに。

脹相と九十九由基は天元の護衛に、と役割が決まります。

芸人 高羽史彦の術式が発動したような描写があり、終わる。

あわせて読みたい
429 Too Many Requests

呪術廻戦ネタバレ147話あらすじ

高専時代の夜蛾正道

拘束されている、高専時代の夜蛾正道。

2話で拘束されていた虎杖と同じように、両手を札で拘束され座っています。

拘束部屋の外から夜蛾に詰問する楽巌寺学長。

「アレ(パンダ)は何だ?」

完全自立型呪骸であるパンダについて、楽巌寺学長が問います。

通常の呪骸は術師の呪力を動力としていますが、パンダは自己補完しています。

それを自由に作れるのであれば独力で軍隊も作れ、非常に危険な存在となります。

そのため、上は夜蛾を特級に認定し無期限拘束することを考えている、と説明します。

しかし「本当に作り方を知らないんだな?」という楽巌寺に、「ハイ」と答える夜蛾。

パンダが「突然変異呪骸」と言われている所以となった、やり取りのよう。

これにより、夜蛾は解放されることとなります。

夜蛾が作った自立型呪骸の森

高専時代の夜蛾。

どこかの森で、夜蛾は「タケル」と呼ばれる犬っぽい呪骸に別れを告げています。

さらに、大量の呪骸が登場し夜蛾との別れを惜しんでいる描写。

木の根にある入口から中に入り、どこかへ行こうとしている夜蛾。


日下部と夜蛾の新たな関係が明らかに

学長となった後の夜蛾。

タケルと呼ばれた呪骸を連れ、日下部と話をしています。

車椅子に座り無表情な妹を連れ、夜蛾と対峙する日下部。

呪骸「タケル」は、日下部の妹を見て「あの人、僕の母さんじゃない?」と夜蛾に話します。

その話方を見て表情を一変し、「タケル!」と呪骸に抱きつく日下部妹。

どうやらタケルは亡くなった息子の魂を宿した呪骸だったようです。

震えながら「ありがとうございます」と夜蛾にお礼を言う日下部。

パンダを助ける日下部

「呪術廻戦」137話より

場面は現在に移ります。

死罪が確定している夜蛾の呪骸であるため、拘束されていたパンダ。

そのパンダの拘束を解き日下部が解放します。

「あの人には恩があるんだよ」とパンダに告げる日下部。


楽巌寺学長により夜蛾死亡!?

夜道を一人歩く夜道。

そこに刺客が現れ「完全自立型人工呪骸の製造方法を教えたら助かる」と告げます。

さらに登場する、楽巌寺学長。

一気に夜蛾を血だらけにし倒します。

血だらけで倒れている夜蛾。

そこで突然、完全自立型人工呪骸の製造方法を楽巌寺学長に明かします。

死に際に製造方法を説明する夜蛾に、「なぜ今になって」と詰問する楽巌寺。

呪いで…すよ。

私から アナタへの呪いです

そのまま息絶えたかのような夜蛾。

そこに日下部によって解放された、パンダが到着します。

楽巌寺学長をスルーして、そのまま夜蛾の元に向かうパンダ。

夜蛾の元で、号泣します。

「うおおおお」と、辺りに轟くパンダの絶叫。

地面に落ち死んだ「夜の蛾」の描写があり、終わります。

呪術廻戦ネタバレ147話の感想&考察

突然始まった夜蛾の過去展開。

これには本当に驚きました!

さらに夜蛾は特級クラスの呪術師だったんだな、と。

完全自立型人工呪骸を作り上げられる夜蛾は、かなりスゴい術師だったと分かりました。

そして日下部妹との展開も、泣けましたね!(号泣)

呪骸に込める魂の情報は、亡くなった人の情報が多いのかな、と感じました。

ここで今回明らかとなった夜蛾の術式について考察してみます!

肉体の情報から魂の情報を複製できる夜蛾の術式

夜蛾から明かされた完全自立型人工呪骸の作り方。

ここでまとめてみます。

  1. 肉体の情報から魂の情報を複製。
  2. その情報を呪骸の核に入力。
  3. 相性の良い三つの魂を一つの呪骸に宿し、互いを観測させる。
  4. 自我が芽生え3ヶ月過ぎで呪力の自己補完が始まる。

この方法で今回登場したのが、日下部妹の息子の記憶を持った呪骸「カケル」です。

言い切れませんが、147話冒頭で真っ黒な小さな手を握っている制服を着た手は「火事で死亡したカケルの肉体情報を複製する夜蛾の手」なのではとイメージできます。

つまりは「死亡した人物の肉体から情報を取得できる」という事になります。

ここからイメージできるのは、夏油の肉体情報ですね。

火葬していなかった夏油の肉体

現在、羂索が乗り移っている夏油の肉体。

これは五条が家入硝子に肉体処理をさせなかった事により可能となったと羂索から明らかとなっています。

これがもし、夜蛾にコピーさせるための指示だったら…

もしかしたら夏油の記憶を持ち魂を持った呪骸が後に登場する、伏線にもなっているかもですね。

パンダは夜蛾の息子達である可能性

夜蛾は今回「息子に会いに行く」と言い夜道を一人歩いていました。

これが「パンダに会いに」という意味であれば、パンダが夜蛾の亡くなった息子の呪骸である可能性もありますよね。

さらにゴリラお兄ちゃんと照れ屋なお姉ちゃんも、リアルなお兄ちゃんとお姉ちゃんの魂かもですよね!

公式ファンブックにも「夜蛾正道はバツイチ」とあるので、十分にある展開かなと考えられます。

ここからは妄想も良いところですが、夜蛾の呪骸を作る「傀儡操術(かいらいそうじゅつ)」がパンダに継承される展開があるのでは…

なんてイメージを持ちました。

夜蛾正道自身の呪骸を作った可能性を妄想!

今回呆気なく退場となった夜蛾正道。

もし自分の呪骸を作れるとしたら、今回死亡したのが「夜蛾呪骸」ということは無いでしょうか?

となったら、リアルな夜蛾が今もどこかでせっせと「かわいい」を作っている可能性も…

色々な妄想ができる今回の展開でした。

これらから一番気になるのは、やはり「夏油の呪骸」ですよね。

術式は継承できないかもですが、基本情報はコピーできるようなので羂索と対峙する夏油呪骸、なんて展開はありそうです。

ここ、むっちゃ要チェックよ!

呪術廻戦147話まとめ

今回の話がこれからの「死滅回游」にどのように影響してくるのか?

ここが、気になりますよね。

やはり、これからのパンダに影響してくるのか?

それとも「夜蛾の呪骸の森」が死滅回游舞台に絡んでくるのか?

ここも要チェックですね!

ちなみに上のネタバレの時系列については、公式ファンブックの「夜蛾のグラサンは学長になってから」から判断しました。

つまり、グラサンをしていないのは学長時代前の話かな、と。

いや、本当に泣ける話でしたし次回からの展開が全く読めないな、と感じた147話でした!

来週は休載のようなので、ここで最近の展開をじっくり考察したいですよ。

パンダが登場したので、そろそろ釘崎も…と願うアースでした!

アース
釘崎が呪骸で…なんて展開は無いよね?汗
あわせて読みたい
呪術廻戦ネタバレ148話「葦を啣む」あらすじ感想考察!禪院家骨肉の争い展開で真希退場? 5月17日発売ジャンプ掲載の呪術廻戦148話のあらすじ内容と考察です! 148話「葦(あし)を啣(ふく)む」。 天元様の元から呪具を集めに禪院家の忌庫へと向かった、禪院...
あわせて読みたい
429 Too Many Requests
呪術廻戦ネタバレ考察【アース】
呪術廻戦ネタバレ考察|全ストーリーのあらすじと重要伏線まとめ【最初から時系列も解説】 | 呪術廻戦ネタ... アース週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」の1話から最新話までのあらすじをまとめています! 最新話152話を更新しました! 今一番アツいと言っても過言ではない「呪術...
呪術廻戦ネタバレ考察【アース】
呪術廻戦1巻と14巻扉絵を比較考察から3月4日発売15巻扉絵を検証! | 呪術廻戦ネタバレ考察【アース】 アニメが放送され、オリコン週間コミックランキングで1位から15位を独占するほどに超話題となっている「呪術廻戦」。 その理由には魅力的なキャラクターや息を呑むようなア...
あわせて読みたい
429 Too Many Requests
あわせて読みたい
429 Too Many Requests
あわせて読みたい
429 Too Many Requests
あわせて読みたい
429 Too Many Requests

U-NEXT呪術廻戦アニメ配信中!

\期間限定キャンペーン中/

今すぐ呪術アニメを視聴

↑タップで公式サイトへ↑


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる